調査・研究開発

製造業のオープン化推進

わが国製造業の優秀な設計技術、生産技術等のものづくり技術を今後も持続的に発展させるため、オープンな生産システム環境を構築する共通基盤の調査、研究開発を行っています。

 

FAオープン推進協議会

FAOP, FA Open Systems Promotion Forum

グローバル化、製品設計・製造リードタイムの短縮など、製造業を取り巻く環境の変化は著しく、その変化に対応できる新しい生産システムの確立が求められています。

このためFAOPでは、急速に進展している情報技術をFAコンポーネント及びシステムへ積極的に活用することにより、オープン・アーキテクチャーに基づく新しいものづくりを目指しています。

FAオープン推進協議会

IAF

IAF, Industrial Automation Forum

製造業が抱える問題を解決するために、日本のものづくり技術、情報連携・通信技術の革新を目指します。

ユーザとベンダーの連携、FA(Factory Automation)とPA(Process Automation)の情報連携、各業界標準との連携を進め、ユーザを巻き込んだ新しいものづくりの姿を確立していきます。また、標準化団体の最新情報がまとめて得られるイベント(MOF)を主催しています。

IAF

ものづくりAPS推進機構

APSOM, Advanced Planning and Scheduling Organization for Manufacturing

目まぐるしく変化を続ける国際市場で、日本の製造業が再び脚光を浴びるには、製品規格から納品まで最短のリードタイムで市場に送り出すシステムが必須です。

このためPSLX(Planning and Scheduling Language on XML)では、生産計画・生産スケジューリングが高度に統合されたシステム(APS:Advanced Planning and Scheduling)のインタフェースを提供することで、製造業の発展に大きく貢献します。

ものづくりAPS推進機構