平成22年度概要

平成22年度概要

平成22年度は、新たな戦略確立のためのアクティブな将来シナリオの検討を行い、構想設計及びサステナブル・マニュファクチャリング(環境)分野におけるテーマの研究発掘を行いました。

 

現在から将来にわたって世界的に激化する市場社会の中で生き残り、技術革新の最先端を見極めて製品製造に活かすためには、中長期的な戦略が必要です。日本が優先的に取り組まなければいけない技術のシナリオを作成するとともに、日本のものづくりのおかれた現状認識や自らが抱える課題を明確にし、各産業の壁を越えた議論を行うことで、今後、日本のものづくりのあるべき姿や戦略の事例の作成を行いました。

 

また低炭素社会(サステナブル・マニュファクチャリング)の実現に向けた技術及び大型構造物等の構想設計技術に関し調査を行い、課題解決策や戦略について検討を行いました。

 

なお9月29日に名古屋大学で シンポジウム を開催し、幅広い技術交流を行いました。