ものづくり技術戦略ロードマップシンポジウム~日本のものづくりの今後~
  • HOME
  • イベント案内
  • ものづくり技術戦略ロードマップシンポジウム~日本のものづくりの今後~

イベント案内

ものづくり技術戦略ロードマップシンポジウム~日本のものづくりの今後~

世界的な経済低迷の中、工業製品の輸出を主体とするわが国経済は、大きな影響を受けています。このような状況の中でも、低コスト化を推進している中国、インド等の一部のアジア諸国は、落ち込みは比較的少なく、需要供給の観点でも経済活動を持続、向上させています。

「ものづくり立国」を標榜するわが国が、世界的な技術開発競争の中で勝ち残り、輸出競争力を維持し続けるためには、わが国自らが、新しいコンセプトを創生し、独創的な技術開発を行い、製品化していかなければなりません。

製造科学技術センターでは、本年度、機械振興協会経済研究所(予算:JKA)の委託により「ものづくり技術戦略ロードマップ」の策定を進めております。

本ロードマップの策定では、ものづくり技術について、(1)生産システム、(2)加工、(3)設計、(4)サステナブルマニュファクチャリングの4つの観点から俯瞰して、シナリオ、技術マップ、ロードマップを示しております。そして、それらの技術開発課題の中から、わが国の将来に重要となる17項目の「最重点技術要素」を提案、レビューを行いました。

今回、これら検討結果をご報告するとともに、わが国の「ものづくり技術戦略」について幅広い観点から議論を行う場として本シンポジウムを企画いたしました。関係各方面の方々にご参画いただき、共に議論を深めていきたいと考えております。多数の方々のご参加をお待ち申し上げます。

日時平成22年9月29日(水) 9:00~12:45
場所 名古屋大学 工学研究科1号館 2階 121号室
定員150名(先着順)
参加費無料(当日、過去の成果報告書を印刷実費3,000円(税込、現金のみ)にて販売いたします。)
参加申し込み

参加申込書にご記入の上、9月17日(金)17時までに担当までお送りください。

主催(財)製造科学技術センター、(社)精密工学会
担当

(財)製造科学技術センター 調査研究部 外山、間野、鈴木
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門5森ビル5階
TEL 03-3500-4891 FAX 03-3500-4895 E-mail  mtmap2010@mstc.or.jp