MOF2008,IA懇談会,情報連携フォーラム,標準化団体,製造業技術標準化,マニュファクチャリングオープンフォーラム,イベント 主催: I AF (Industrial Automation Forum)
共催:
(社)日本能率協会
(社)計測自動制御学会
(財)製造科学技術センター
  協賛: バーチャル・エンジニアリング・カンパニー (VEC)
  製造業の標準化団体が結集!
    ・ものづくりに役立つオープン化技術動向がすべてわかる
    ・標準化団体の連携によるセミナー、展示、パネルディスカッション
    ・産学官によるサミット「智恵を活かしたものづくり」


ホーム

開催概要
サミット
セミナー
パネル討論
連携デモ
参加団体
前回開催
同時期開催
お問い合せ
IAF HomePage
MOF2008
生産システム見える化展
 
  ホーム >> 開催概要 >> サミット

産学官サミット
開催日  2010年11月19日(金)  10:30〜13:30
場所  東京ビックサイト(東京国際展示場) 東4ホール 
 [産学官サミットの配布資料(PDF)はこちら]
経緯 2008年に開催したMOF2008のサミットで、石油・化学プラントや半導体や自動車や電機やその他の業界のユーザーが、標準化団体に求めるニーズを発表しました。それらのユーザーニーズを整理して、次の四つの要求項目にまとめました。

@上位ITシステムと各Industry Ethernetとのイントラネット接続
A情報連携による異機種Industry Ethernetをまたがる制御
B統一的なコンフィギュレーション環境、ネットワーク接続
C利便性を確保したサイバーセキュリティ対応
内容  MOF2010の産学官サミットでは、経済産業省から国の取組み方向の説明がなされ、続いて、四つのユーザー要望に対して、各標準化団体からそのソリューションが説明され、議論されました。

[経済産業省の挨拶要旨]
  • 日本のものづくりは最高水準の技術力を持ちながら、国際競争力が十分発揮できていない。
  • 国際競争力には、単に技術力だけでなく、ビジネスモデルや国際標準化において革新性、戦略性に優れた総合的な知的財産マネジメントが必要となってきている。
  • そのためには欧米や新興国を巻き込んだ戦略的な展開が不可欠となっている。
  • 政府は成長目標の達成を目指して5月に「知的財産戦略推進計画2010」を策定した。これには産学官が連携し、オールジャパン体制で取り組むことが必要だ。
  • また、9月には「新成長戦略実現に向けた3段構えの経済対策」を決定した。
  • 更に「国内投資促進円卓会議」においては、新たな雇用につながるような内外企業に国内投資を促すための方針を検討している。
  • 本フォーラムにおいて、活発な意見交換を通し、有効な知見を得られることを期待します。

[まとめの挨拶要旨(新誠一運営委員長)]
  • 今日の議論を踏まえて、IAFはそれに答える形で活動をしていきたい。
  • 制御セキュリティの分科会を立ち上げる。クラウドに関する分科会についても、ISO/TC184におけるKPI標準化との連携を進める形で検討していきたい。
  • また、標準化団体との交流を一層深めて、ユーザ意見による良い標準を作っていきたい。


サミットのプログラム及び各標準化団体の発表原稿は下表のPDFを参照してください。


 
 産学官サミット 発表者
         
   IAF 運営委員長
新 誠一 教授
MSTC 専務理事
瀬戸屋英雄氏 
 経産省 産業機械課
藤原清司氏(博士)
IAF 運営委員会幹事
村上正志氏 
         
   OPC
小西信彰氏
 PLCopen
Mr. Eelco van der Wal
 FOUNDATION Fieldbus
笹島 久氏
 Hart
Mr. Ed T. Ladd,Jr
         
   PROFIBUS
元吉伸一氏
 ODVA
松隈隆志氏
 CC-Link
楠 和浩氏
 EtherCAT
米田尚登氏
         
   MECATROLINK
田中 毅氏
SERCOS
Mr. Peter Lutz 
CAN
Mr. Holger Zeltwanger 
 

【産学官サミット プログラム 2010/11/19】 (敬称略) [同時通訳有り]
時間 内容 発表者所属 発表者 発表
原稿
 10:30〜  開会挨拶  IAF会長  福田好朗  
 10::35〜  IAF事務局挨拶  製造科学技術センター  瀬戸屋英雄  
 10:40〜  経産省挨拶  経産省 製造産業局 情報化推進係長(工学博士)  藤原清司  
 10:45〜  ユーザ要望の説明  IAF運営委員会幹事  村上正志 [PDF]
 11:00〜         次のユーザ要望に対する各標準化団体の取組み説明

@上位ITシステムと各工業イーサネット接続 
A情報連携による異機種工業イーサネット間の制御 
B統一的なコンフィギュレーション環境
Cサイバーセキュリティ     
 OPC  Tome Burke [PDF]
 PLCopen  Eelco van der Wal [PDF]
 FOUNDATION fieldbus  Hisashi Sasajima [PDF]
 Hart  Ed T. Ladd  
 PROFIBUS  Shinichi Motoyoshi [PDF] 
 ODVA  Takashi Matsukuma [PDF]
 CC-Link  Kazuhiro Kusunoki [PDF]
 EtherCAT  Hisato Yoneda [PDF]
 SERCOS  Peter Lutz [PDF]
 MECHATROLINK  Takeshi Tanaka [PDF]
 CiA  Holger Zeltwanger [PDF]
 13:15〜  まとめ  IAF運営委員長  新誠一  
 13:30  終了      
 

 

 

Copyright (c) 2010 財団法人 製造科学技術センター..