FAオープン推進協議会

協議会

協議会

協議会概要

目的

これまで、わが国の製造業は、優秀な生産技術、生産システムの開発・導入により、国際競争力を維持してきましたが、 国際的な社会経済環境の大きな変化のなかで転換を余儀なくされ、その対応を模索しているのが実状であります。

こうしたなか、情報技術の急速なオープン化の動きは、製造分野へ影響を与えつつあります。製造現場において今後、 パソコン、ワークステーションを端末としたオープンネットワークが普及し、分散オブジェクト通信などの新しいオープン情報インフラが整備されていくと考えられます。

しかし、こうした技術は欧米を中心に開発が進められており、欧米の製造技術に合わせたものとなっています。このため、日本の製造システムに適応するのが困難であると考えられています。従って、わが国の製造業を今後とも活力のあるものとしていくためには、これまで培ってきた日本流の製造技術をもとに、情報技術の製造分野への活用を積極的に進め、その成果を共通の資産とするとともに世界に提案しリードしていく ことが必要であります。

「FAオープン推進協議会(FA Open Systems Promotion Forum:FAOP)」は、生産におけるデータ交換・管理・制御などの情報プロセスをこの新しい環境に適合させるために、製造設備のコントローラ・製造情報・データ表現から生産システム全体の構造に至る多くの側面でオープンアーキテクチャに基づくニューテクノロジーの開発を推進し、共通基盤技術の確立を目指します。

活動内容

本協議会は、上記目的を達成するため以下の事業を行います。
また、専門委員会などの具体的な活動テーマは会員からの公募により決定されます。

(1)分散型生産システム構築技術オープンな生産環境の構築を目指し、ネットワーク上での製造情報の共有・交換のための
システムアーキテクチャ、 データ交換の仕組みとデータ構造の標準仕様の研究開発等を行う。

(2)オープンネットワーク環境生産システムの中枢となるオープンな通信環境の構築を目指し、FAの特徴である実時間性の要求を満たすオープンな通信ネットワークアーキテクチャを開発するとともに新しい通信メディアの活用等の研究開発等を行う。

(3)オープンコントローラの開発NC,PLC等の制御機能に関するオープンシステム化を目的として、これら制御機能を
生産システム共通モジュールとして位置付け、インタフェースの標準による統一、アーキテクチャ、デバイスネットワーク等の研究開発等を行う。

運営組織

協議会は、下記の組織構成で運営されます。

  • 総会
    各専門委員会・プロジェクトの成果概要報告などを行う。
  • 運営委員会
    事業の企画、運営及び専門委員会の設置、調整等を行う。
  • 専門委員会
    運営委員会で承認された具体的研究テーマ毎に設置し、研究開発を行う。
  • プロジェクト
    専門委員会で調査研究した後、
    実装、システムの実証、ソフトウェアの開発等が必要なテーマについて期間を定め活動を行う。
  • 研究会
    専門委員会テーマ候補の調査研究、トピックス的なテーマの検討など少人数での調査検討を行う。

憲章・会則・運営指針