• 基盤技術の研究開発
  • ものづくり革新技術の追求
  • 国際経済社会の発展
  • 持続可能なものづくり
  • 標準化の推進
  • 調査・研究開発
  • アイデアファクトリー
省エネルギー型建設機械導入補助事業省エネ型の建設機械の購入者に補助金を交付します。

What's New

もっと見る

2016.5.18

平成28年度の「省エネルギー型建設機械導入補助事業」について、

5月17日に公募を開始いたしました。

補助金制度の詳細は省エネルギー型建設機械導入補助事業のサイトで紹介していますので

こちらもご参照をお願いいたします。

この補助事業の申請受付期間は、平成28年5月17日から平成29年3月16日までです。


また、申請にあたって必要な申請書等の各種様式は同サイトからダウンロードをお願いいたします。

(http://www.eco-kenki.jp/)


2016.4.18

平成28年度の「省エネルギー型建設機械導入補助事業」について


 平成28年度の「省エネルギー型建設機械導入補助事業」については、平成27年度に引続き、

ンターが執行管理団体に選定されました。当センターでは平成28年度省エネルギー型建設機械導入

補助事業による募集を5月中旬から開始することとして準備を進めております。

 申請様式の変更など詳細が確定次第、補助事業専用のホームページにおいて、お知らせいたします。

2016.4. 6

「ものづくり中核人材育成事業 事務局業務の終了に関して」

平成25年度補正(実質平成26年度)、平成26年度補正(実質平成27年度)で取り組んできました。「ものづくり中核人材育成事業」の事務局業務に関して、平成28年度以降弊財団では行わないこととなりました。つきましては、当該事業の平成28年度以降のお問い合わせは、事業主体である、経済産業省製造産業局参事官室にお問合せください。長年のご理解、ご協力ありがとうございました。~~ものづくり人材育成事業部

2016.3.31

 平成26年度補正予算ものづくり中核人材育成事業部よりお知らせ

本日をもちまして、今年度の当該事業は終了しました。ありがとうございました。


2016.2.19

平成26年度補正予算ものづくり中核人材育成事業部実績報告書及び補助金支払い請求にあたってのご注意とお願い


3月末日までの本事業では、受講及び実績報告書、補助金確定、請求、支払が下記の期日で迫っております。

指定講習受講期限:平成28年2月29日(月)まで(当該日時を超えた講習受講は対象となりません)

当該実績報告書提出最終期限:平成28年3月14日(月)必着まで(原則講習会終了後2週間以内に提出又はご連絡)当方請求書到着も同日までに対応できるようにお願いします。

最終支払振込予定日:平成28年3月25日(実績報告書提出→書類精査→書類の修正等→確定(確定通知)→請求書到着→当財団よりお支払いという流れになります。提出報告書等書類に不備や疑義があると問い合わせや書類の作成、提出等に時間を有し、お支払いできなくなることがございますのでご注意ください)


注:本メールは既に実績報告書を提出し、補助金請求が終了している方または、 途中辞退されている方等は不要です。


2015.8.28

平成26年度補正予算ものづくり中核人材育成事業補助金に関して

 補助金超過申請の停止の件のご連絡

下記に示しますような予算の超過時の考え方に基づき、第4回指定講習受講者申請(H27.7.28~H27.8.24)において、平成26年度補正予算中小企業経営支援等対策費補助金(ものづくり中核人材育成事業)予定額を超過し、第5回以降の申請を行わないこととなりました。本制度にご理解、多数の方のご申請を頂きありがとうございました。

なお、第4回申請における採択者は別途発表している一覧表の通りです。当回申請における否決者及び予算超過後の申請者に対しては個別にご連絡申し上げます。

予算達成時の考え方について>

「ものづくり中核人材育成事業指定講習受講者【申請要領】」の「7 採択審査」、「8 補助金の交付」及び「9 その他留意事項」に記載しておりますように、本制度は、募集期間内であっても、補助金配布予算額に達した場合は、当該日以降の公募、採択を停止致します。したがって、補助金の公募、採択を停止する日を含む募集期間内に送付・提出される公募書類は、基本として受取を致しますが、補助金が予算額に達した場合、公募採択申請をお断りする場合もございます。予算額を超過したことによる公募申請の可否結果に関しては、当該公募期間に係る採択発表時公募書類の送付者に個別にご連絡致します。公平性を確保するため、予算残額のお問合せには応じられませんのでご了承下さい。

2015.5.25
 平成26年度補正「ものづくり中核人材育成事業」第1回指定講習採択一覧を掲載しました。また、第1回指定講習受講希望者の申請を開始しました。詳細につては、ものづくり中核人材育成事業のサイトより、ご確認ください。
2015.5.18
平成27年度の「省エネルギー型建設機械導入補助事業」について、本日から公募を開始いたします。補助金制度の詳細は省エネルギー型建設機械導入補助事業のサイトに紹介してありますのでこちらもご参照をお願いいたします。この補助事業の申請受付期間は、平成27年5月18日から平成28年3月17日までです。また、申請にあたって必要な申請書等の各種様式はそのサイトからダウンロードをお願いいたします。 (http://www.eco-kenki.jp/)
2015.5.15

 平成26年度補正予算(平成27年度実施)ものづくり中小企業・小規模事業者等人材育成事業補助金  第1回 指定講習の公募を開始いたしました。

http://www.mstc.or.jp/jinzai/

2015.4.30

 2015.4.30

 平成27年度の「省エネルギー型建設機械導入補助事業」について

は平成26年度に引き続き、当センターが執行管理団体に選定されま

したので、平成27年度省エネルギー型建設機械導入補助事業による

募集を5月中旬から開始することとして準備を進めております。

 申請様式の変更等平成26年度から変更される部分がありますの

で、詳細が確定次第、補助金事業専用のホームページ(http://www.eco-kenki.jp/)

を改訂し内容をお知らせ致します。

 

 

2015.4.21

一般財団法人 製造科学技術センター(MSTC)では、平成26年度補正予算「地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金」の、「最新モデル省エネルギー機器等導入支援事業(A類型)」の「電気使用設備」について性能証明書発行団体に登録されました。

 

弊財団では、ものづくり関連、技術全般、特に最新技術に関する調査・研究・開発・標準化等を行っており、今回、近年注目を集めている3Dプリンターおよび3Dプリンターを運用するにあたり必要な周辺の設備が、補助カテゴリー表に定める「電気使用設備」に該当するものに対して性能証明書を発行することを原則としています。

なお、3Dプリンターという用語は広く普及していますが、国際的には、AMAdditive Manufacturingという呼称が定められており、「材料を付着することによって3Dデータから物体を作成するプロセス」と定義されており、日本語では「付加製造技術」と呼ばれています。

 

詳細は、弊財団省エネルギー機器等導入支援 事務局(担当、小澤(コザワ)、間野(マノ))までお問合せ下さい。

また、本制度の予算残額が発表されております。以下のURLをご参照ください。 https://sii.or.jp/category_a_26r/