Standard

事業目的

FA等産業オートメーション分野における標準化活動を通じて、産業界の繁栄と活力の維持・向上を支援します。

産業オートメーション分野の標準化

産業オートメーションに係わる標準化対象の範囲は広いため、多くの組織・団体が標準化活動に関連しています。
近年では、Industry4.0やSmart Manufacturingに関する国際的な動きもあり、標準化は益々重要な活動となっています。

その中でも中心となる国際的標準化活動は、
・ISO(International Organization for Standardization)
・IEC(International Electrotechnical Commission)
で行われています。

ISOでは、オートメーション分野の標準化をTC184(TC:Technical Committee)が担当し、1983年の第1回TC184総会以来活動を続けています。
一方、IECではプログラマブルコントローラをはじめ、計測、制御、サーボ機器等、多くの分野でTCが設置され、それぞれの固有技術の標準化と共に関連する自動化技術の標準化を進めています。
ISO TC184の技術委員会が発行するオートメーション分野の規格は、産業製品の国際貿易を促進する動機になりうる反面、貿易上の障害にもなり得ます。このようなことからも規格作成のプロセスにおいて、わが国のリーダーシップの発揮と、そのための産業界からの規格作成への積極的な参画が必要です。
(一財)製造科学技術センター(MSTC)は、わが国におけるISO TC184(オートメーションシステム及びインテグレーション)、TC184/SC4(産業データ)およびTC184/SC5(アーキテクチャ、通信とフレームワーク)の国内審議団体として国際標準化活動に積極的に参画し、活動の動向を把握するとともに、わが国の意見を提言することにより、国際標準化の推進に寄与しています。
ISO TC184には、次のサブコミッティー(SC:Sub Committee)が設置されています。
・SC1: ネットワークを利用した製造システム用のデータモデル及びインターフェース
・SC4: 産業データ
・SC5: アーキテクチャ、通信とフレームワーク
※SC2(ロボットとロボティックデバイス)は、TC299(ロボティックス)として独立しました。

FA国際標準化に関するお問い合わせ・ご意見
std@mstc.or.jp

国際標準化推進事業

MSTCは、ISO TC184、及びSC4・SC5の国内審議団体として、産業オートメーション標準化推進委員会及び分野ごとの委員会を組織し、ISO TC184総会やISO TC184/SC4、ISO TC184/SC5総会・WG等の国際会議への参加や招致、日本提案による国際規格開発等の事業を実施しています。
以下は、規格開発している国際標準化プロジェクト(事業)です。